汎発性円形脱毛症

汎発性円形脱毛症の治療法とは?

汎発性円形脱毛症

汎発性円形脱毛症の回復の難しさは特に患者本人であれば、痛いほどに感じていることでしょう。汎発性円形脱毛症の治療には、現在ステロイドの局所注射や、液体窒素を用いた冷凍療法、薬品によってカブレを起こさせる局所免疫療法、紫外線照射を行うPUVA療法などさまざま方法がとられています。

 

しかし、どれも確実な完治を得るまでには行っていないのが辛いところです。汎発性円形脱毛症の場合、症状の重い人だと10〜15年もの長い間、発毛してこないということもあると言います。ステロイドは、副作用の心配から長期間にわたって連用することができません。

 

ドライアイス療法は、あまり効果がなく行う病院も少なくなりましたし、局所免疫療法を汎発性円形脱毛症の治療に取り入れている先進国も少ないそうです。最近では、レーザーによる治療が実績をあげている、という報告もありますが、まだ日本では取り組んでいる医院は多くないようです。

 

対処療法が中心である西洋医学に対して根本原因に直接アプローチする鍼灸治療が効果を上げている、という実例もたくさんあるそうです。汎発性円形脱毛症の鍼灸治療では、原因となっている異常免疫を抑えて頭皮の血液循環を増加させることによって発毛や毛の成長を促します。何が自分に効果があるかは、試してみないと誰にもわからない、というのが実態です。ベルタ育毛剤の口コミ